Belongs to ... .

加入者毎の可視化で収益を促進する

課題

モバイルネットワークキャリアとして、どのように収益の成長を促進できるかの サービスプロバイダーが直面する3つの主な課題があります。既存の加入者の維持、新しい加入者へのより優れた製品の提供、ネットワークの集中監視とトラブルシューティングの実施が含まれます。 ユーザーネットワークトラフィックの可視性が向上すると、顧客満足度が向上します。 モバイルネットワークキャリアは、すべての顧客に優れたサービスを提供することに加えて、より多くの収益をもたらす優良な顧客に特に焦点を当てたいと考えています。

これにより、加入者がいくつかの選択肢から選択できる今日の環境で競争力を得ることができます。 トラフィックの量、速度、および多様性が増加しているにもかかわらず、既存の監視システムはトラフィック全体をどのように処理し、加入者毎の可視化を提供するか?

CUBROの解決策

は、加入者毎の可視化ソリューションを提供することにより、サービスプロバイダーを支援できます。 プローブには、すべてのプロトコルメッセージ、特定のネットワークのネットワーク要素間の交換情報を保存する機能があり、ユーザープレーントラフィックの完全なメタデータを提供します。

ユーザープレーンとコントロールプレーンの分離と、コントロールプレーンの転送

  • Fまず、シグナリングトラフィックとユーザートラフィックを分離します。
  • シグナリングトラフィックは、既存の監視システムに転送され、そこで処理されます。
  • シグナリングの帯域幅の負荷は一般的に低く、ユーザーが生成したトラフィックの負荷が増加しても比例して増加しません。 シグナリングトラフィックは、ユーザーの追加に伴って増加し、帯域幅とは関係ありません。

ユーザープレーンのIMSIフィルタリング

  • まず、シグナリングトラフィックとユーザートラフィックを分離します。
  • トラフィックの負荷を軽減するための多くのフィルタリングオプションがあります。 インスタンス、IMSI、IMEI、APN、ネットワーク要素フィルタリング、セルIDなど。
  • ユニットあたり100万IMSIでフィルタリングすることが可能です。 これは、優良顧客のみを監視や、特定の顧客を監視とキャプチャするために使用できます-合法的傍受(LI)やディープパケットインスペクション(DPI)などの特別な目的のためのIMSI

ユーザープレーンXDRの生成

  • 「すべて」のユーザーデータトラフィック用のメタデータXDRを作成できます。 これらのXDRは、ネットワークからの関連情報のマトリックスを保持します。
  • これらのXDRは、出力を減らすためにフィルタリングすることができます。
  • XDRの間隔は、必要な情報の粒度を提供するために、セッションごとおよび時間ごとに構成できます。 XDRは、あらゆるデータベースでサポートされているオープンフォーマットです。

なぜCUBROプローブを使用するか?

  • ハードウェアリソースが少ないため、設備投資と運用コストが削減します。
  • ユーザープレーントラフィックの完全なメタデータの可用化。
  • 特定のネットワークのネットワーク要素間のすべてのプロトコルメッセージと交換情報を保存する機能。
  • 既存の監視システムをオフロードすることにより、監視コストを削減します。

標準のネットワーク可視化製品は、生の形式でそのままプロトコルメッセージを保存します。 ネットワークエンジニアとして、問題を分析し、特定のユーザー機器によって引き起こされたプロトコルメッセージフローを見つける場合、この可視化製品では十分ではありません。 標準の可視化製品は、ユーザーIDがメッセージの一部であるプロトコルメッセージのみを取得します。 残りは隠されます。 メッセージの残りの部分は保存されますが、機器によって割り当てられないため、解析不能です。これは重大な懸念事項です。CUBROの ネットワークプローブを使用すると、この課題を解決できます。 プローブには、ユーザー機器の識別(IMSI、IMEI、APN、ネットワーク要素フィルタリング、CELL IDなど)によってプロトコルメッセージを強化するインテリジェントなアルゴリズムがあります。 これらはすべて、単一の加入者を識別し、加入者毎のネットワークの集中監視とトラブルシューティングにつながる可能性があります。

このソリューションの製品


日本語
Contact technical expert