Belongs to ... .

GTP ロードバランス

課題

今日のネットワークでは、アプリケーション/ネットワークパフォーマンス、IDS / IPS、スニファー、VoIPアナライザー、データレコーダー、DLP、コンプライアンスモニターなど、監視用のツールの数が増え続けています。これらのツールはすべて、分析を実行するために実際のパケットデータを必要とします。 これらのツールにデータを提供する際の課題は、ツールアクセスポイントの不足、ネットワークの可視性の制限、既存のツールからのサポートを超えるネットワーク帯域幅、およびコストの増加です。 帯域幅の需要が高まると、監視にコストがかかります。 完全な可視性を損なうことなく、監視ツールに関連するコストを削減することは困難です。

CUBROの技術的解決策

GTP ロードバランスは、3G / 4Gモバイルネットワークの一般的なアプリケーションです。 プローブのパフォーマンスが制限されている一方でトラフィックの量が多いため、ロードバランシングが必要です。 関連するインターフェースは、GN(3G)およびS1-U&S5 / S8(LTE)です。 Cubroの製品は、同じアプリケーションで両方の3G / 4Gの負荷分散を提供します。

ステップ1:

Optical TAP 2 x 100ギガビットリンク(1つはライブ、もう1つはスタンバイ)

製品: Cubro Optoslim オプティカルTAP

ステップ2:

4 x 100ギガビットの光信号は、TAPのモニターポートからCubro Packetmaster EX48400 に転送されます。 このユニットは、最初に外部IPアドレスに基づいて最初のロードバランシングステップを実行します。 ロードバランスされた出力は、8 x10ギガビットポートです。

ステップ3:

8 x10ギガビットのGTPストリームは4台のSessionmasterに各2x10ギガビットで送信されます。
Sessionmaster EXA40 は、GTPのトラフィックを3,5 Gbitの6ストリームに負荷分散してプローブに送信しますが、ストリームをより小さな単位に分割することは可能です。

ステップ4:

(オプション)Packetmaster EX484-3は、GTPストリームをプロービングクラスターに誘導して、より正確で簡単な制御を行うことができます。 Packetmasterは、プローブがオンラインであるかどうかを監視し、障害が発生した場合にトラフィックをスペアに再ルーティングすることもできます。


日本語
Contact technical expert