Cubroの保守終了(EOL)ポリシー

ご存知のように、技術は絶えず進化しており、Cubroは顧客の変化するニーズに応じて常に革新技術を受け入れています。 お客様にポートフォリオを提供するために、製品ラインを更新します。 これらの開発需要により、技術部品の寿命が制限され、製品寿命が尽きることが技術ライフサイクルの最も重要なフェーズの1つになっています。

製品は、いくつかの異なる理由により寿命に達します。 要因には、市場の需要、技術革新と開発を推進する変化、または製品が時間の経過とともに単に老朽化し、機能的に豊富な技術に置き換えられることが含まれます。

Cubroは、製品が寿命に達したときに、製品がどのようにサポートされるかをお客様に通知する必要があると考えています。 ここで概説するポリシーは、EOLプロセスの説明をお客様に提供することを目的としています。これは、お客様がCubroが提供する代替製品/ソリューションに移行するのにも役立ちます。

各用語

販売終了の発表(EOSA)

-EOSAの外部通知は、通常、Cubroが製品の販売を中止する予定の6か月前です。 発表には、製品名、部品番号、連絡先情報、およびEOSA日付から最低6か月後の販売終了日が含まれます。 製品はCubroの価格表から削除されます。

End-of-Sale (EOS)

-これは、EOSアナウンスでEOLプロセスに入った製品を注文できる最終日です。 この日付以降、EOS製品は購入できない場合があります。 EOSの日付は、EOSの発表日から少なくとも6か月後です。

テクニカルサポート

- Cubroは、EOSの日付に関係なく、すべてのアクティブなサポート契約を遵守します。 テクニカルサポートは、EOLの日付まで提供できます。

保証

- EOS / EOL製品は、その製品のハードウェアまたはソフトウェアに適用される保証契約を変更しません。

保守終了(EOL)

- この日付を過ぎると、Cubroは製品の技術サポートサービスまたは修理サービスを提供できなくなります。 この日付は、EOSの日付から5年後です。