ユーザープレーンIMSIフィルタリングを使用して高帯域 LTEネットワークを管理する

課題

トラフィックが増加するため、ネットワークトラフィック全体を監視するにはコストがかかりすぎます。 ただし、トラブルシューティングとユーザーエクスペリエンスの向上には、監視が必要です。 高帯域のLTEネットワークの管理は、ユーザープレーンのIMSIフィルタリングで可能です。 ただし、LTEネットワークでユーザープレーンを監視するには、トラフィックの増加/量と法的な問題の2つの問題があります。

CUBROの技術的解決策

解決策1:

この問題の解決策の1つは、すべてのユーザープレーンのトラフィックを監視するのではなく、代わりに特定のユーザー/デバイスのみをフィルタリング/監視することです。 高帯域幅のLTEネットワークで特定の顧客をフィルタリングすることは困難で費用がかかりますが、Cubroは投資収益率を最大化するソリューションを提供します。 Cubro EXA32100およびEXA48600プラットフォームの高度な機能と、Cubroプローブのテクノロジーを利用することで、ユーザーはこれらの問題に対処するための強力なソリューションを手に入れることができます。 Cubroは、顧客満足度と監視コストの削減の実績を持つ、負荷の高いネットワークでのIMSIフィルタリングの複合ソリューションを提供します。

解決策2:

これは、加入者毎のユーザープレーン監視ソリューションです。 EXAプラットフォームは、GTPトンネルの内部IPアドレスのS1Uインターフェイスでフィルタリングできます。これは完全にハードウェアで行われるため、デバイスの負荷に関するパフォーマンスの制限はありません。ネットワークトラフィックの複数の100ギガビットストリームと数千のフィルタでさえ、単一のユニットで処理できます。ただし、このIPアドレスは動的であり、各PDPコンテキストメッセージで変更される可能性があります。このIPアドレスは通常、ネットワーク自体によって管理されます。オペレーターでさえそれを識別するのは簡単ではありません。この場合、Cubroプローブは問題に対する正しい解決策を提供します。 Cubroプローブを使用すると、ネットワーク上のすべてのシグナリングトラフィックをデコードし、IMSIとユーザーIPの動的相関リストを作成できます。このリストをサードパーティのアプリケーションで使用して、IMSIに基づいてフィルタを作成できます。

加入者毎のユーザープレーン監視ソリューションはどのように機能しますか?

この図は、実際の実装を示しています。トラフィックはEXA32100に到着し、そこでユーザープレーンとシグナリングプレーンに分離されます。シグナリングの1つのコピーは監視システムに送信され、もう1つのストリームはCubroプローブに送信されます。 Cubroプローブはメタデータを抽出し、相関のあるIMSI-IPテーブルを作成します。このテーブルは、サーバーによって処理されます。オペレーターのカスタマーポータルは、ReSTAPIを介して加入者からの承認を受信します。加入者からのこの承認後、サーバーはEXA32100でルールを構成します。この時点で、監視システムは、この加入者によって生成されたユーザープレーンデータの受信を開始します。設定可能な時間枠の後、加入者のユーザープレーントラフィックの転送を停止するために、承認が自動的に呼び出されます。


日本語
Contact technical expert