コンテンツへスキップ

タイムスタンプ

課題

エンタープライズネットワーク内には、実ネットワークトラフィックの正確で高精度なタイムスタンプに対する多数の要件があります。 正確な時間識別子を適用する機能は、ネットワークパケットをキャプチャや保存のときに、セキュリティ、パフォーマンス、フォレンジック等の分析アプリケーションで非常に重要です。 ユースケースのいくつかの例には、特定のイベントまたはインシデントの時刻の特定、パフォーマンスモニタリング、ネットワーク遅延の特定、およびネットワーク最適化のためのテレメトリ情報の収集が含まれます。

多くのツールは、インターフェイスに到達するときにネットワークトラフィックにタイムスタンプを適用できますが、通常は適度な精度で適用します。課題はツールが異なるタイムスタンプ標準を使用する場合や設定の誤りや正確なタイムソースの欠如のために、不正確な相対時間が 記録されることです。 このような問題は、タイムスタンプによって管理された共有情報を提供するアプリケーションには受け入れられません。

CUBROの解決策

Cubroのネットワークパケットブローカは、20〜200ナノ秒の精度で、特定のインターフェイス上のすべてのトラフィックにタイムスタンプを適用するオプションを提供します。対照的に、一般的なネットワークデバイスは、ミリ秒の範囲のタイムスタンプを提供します。 10Gbpsや高速リンクなど、スループットが高いネットワークでは、このような低精度では、同じタイムスタンプ時間を持った多数のパケットが発生し、テレメトリデータの全体的な有用性が低下する可能性があります。

タイムスタンプは、ローカルで構成することも、NTP(Network Time Protocol)またはPTP(Precision Time Protocol)を介してネットワークタイムソースと同期させることもできます。これにより、さまざまなエンタープライズアプリケーション宛てのすべてのトラフィックに対して、通常のネットワーク監視ツールが提供するよりも詳細な精度で、正確で一貫性のあるタイムスタンプが作成されます。これらのタイムスタンプの使用から収集されたインバンドテレメトリデータは、ネットワークの輻輳がより高い特定の時間を特定し、その結果としてルーティングの変更や転送ポリシーを変更することにより、ネットワークの最適化と効率の向上した基盤を形成できます。

利点

  • 分析とフォレンジックの精度の向上
  • ネットワーク遅延を検出するためのより優れた機能
  • すべてのデバイスで統一されたタイムスタンプ標準

このソリューションの製品

Our newsletter provides thought leadership content about the industry. It is concise and has interesting content to keep you updated with what’s new at Cubro and in the industry. You can unsubscribe anytime with a single click.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.