コンテンツへスキップ

SIPおよびRTPフィルタリング

課題

多くの経営幹部がVoIP経由で重要な情報を共有しているので、VoIPネットワークを安全に保ちたいと思います。 エンタープライズVoIPの顧客およびサービスプロバイダは、従来の電話および携帯電話サービスと比較して、多くの固有のセキュリティリスクに対して脆弱です。 これらのセキュリティ問題は最大の脅威です。

顧客サービスの提供やセールスコールにかかわらず、ビジネスは、顧客が音声サービスに対して期待していることを実現できるかどうかにかかっています。 通話のドロップ、パケットのドロップ、単方向音声、待ち時間などは、カスタマーエクスペリエンスに深刻な影響を与え、ブランドの評判に長期的な影響を及ぼす可能性があ

企業のお客様は、サービスの中断、加入者のなりすまし、および通話料金の不正使用に関連する問題にも対処する必要があります。 このような攻撃の被害があると、トラブルの解決とサービスの回復により、社員のリソースを奪い、生産性に悪影響を及ぼす。

Cubroからの解決策

ネットワークの可視化は、トラフィックを調査し、これらの脅威を検出するのに役立ちます。 リアルタイムでのコンテンツの詳細な可視化は、企業がそのような侵入を防ぐのに役立ちます。

CubroのEXA40(D)およびEXA24160は、セッションに基づいて上位層の機能をサポートする次世代NPBです。 VoIPの背後にある2つの主要なプロトコルは次の通りです。

  • SIP – SESSION INITIATION PROTOCOL
  • RTP – REAL-TIME PROTOCOL

SIPはVoIPのシグナリング部分であり、呼設定を担当します。 通常、SIPはポート5060で動作します。すべてのCubro Packetmasterは、SIPトラフィックをフィルタリングするためのOSIレイヤ4ポートフィルタとして使用できます。 RTPは、通常は音声であるユーザープレーンです。 RTPは、SIPを使用したコールセットアップ中に合意されたレイヤ4ポート番号で実行されるUDPサービスとして特徴付けられます。 完全なコール相関を可能にするために、SIPメッセージはリアルタイムで分析される必要があり、またコールの関連RTPは判断するのに必要です。

次の図は、Cubro EXA40(D)/ EXA24160がSIP Inviteメッセージを分析し、他のすべてのSIPメッセージとこの特定のコールのRTPパケットを検出する方法を示しています。

Cubroソリューションの利点

完璧なVoIP通話品質を実現するには、トラフィックをリアルタイムで完全に可視化する必要があります。 Cubroデバイスを使用すると、不要なトラフィックから既存の監視ツールを解放できます。 Cubroデバイスはアプリケーションに関連するデータのみをキャプチャ/分析でき、 監視ツールのコストを下げる事ができます。 Cubroの機器は10Gと40Gの接続性を持っているため、トラフィック分析用に既存の1Gツールをそのまま使用できます。 これらの高度な製品は、他のCubroネットワーク可視化ソリューションと組み合わせることで、完全なネットワーク基盤のあらゆる監視面をカバーできます。 当社のソリューションを使用すると、VoIP関連の問題のトラブルシューティングに費やす時間と費用が少なくなり、代わりにコアビジネスに集中するために時間を費やすことができます。

SIP/RTPコリレーション機能対応製品:

Our newsletter provides thought leadership content about the industry. It is concise and has interesting content to keep you updated with what’s new at Cubro and in the industry. You can unsubscribe anytime with a single click.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.