コンテンツへスキップ

セッション対応ロードバランシング

課題

ネットワーク帯域幅はかつてないスピードで成長しています。 ネットワークとセキュリティの可視化を一台のツールが対応できる容量を超えても対応できるように、トラフィックを複数のツールに分割して分散することが不可欠です。これにより、ネットワークデバイスのパフォーマンスが向上し、資産コストが削減できます。

Cubroからの解決策

対称型ロードバランシングまたはセッション対応ロードバランシングは、追加料金なしですべてのCubro Packetmastersでサポートされています。 各デバイスは、1グループあたり16ポートで最大10個のLBグループをサポートします。 対称ロードバランシングは、送信元アドレスと宛先アドレスを交換して、特定の送信元アドレスと宛先アドレスのペアに固有の双方向トラフィックがトランクグループの同じメンバから送信されるようにするメカニズムです。

セッション対応ロードバランシングは、容量が1つのツールまたはポートの容量を超えた場合に、2つ以上のツール間でトラフィックを分割することによってネットワーク基盤を拡張するのに役立ちます。 ツール処理機能またはポート帯域容量に合わせてトラフィック分配を重み付けすることで、効率が向上します。

セッション対応ロードバランス機能対応製品:

Our newsletter provides thought leadership content about the industry. It is concise and has interesting content to keep you updated with what’s new at Cubro and in the industry. You can unsubscribe anytime with a single click.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.