Belongs to ...

    100 Gbitラインレートでのパケットスライシングにより、監視ツールのコストを削減

    課題

    ネットワーク速度の向上には、変化する要件に対応し、データセンターの信頼性を高めることができるツールが必要です。 ネットワーク可視化ツールは、ネットワーク管理および運用チームにリアルタイムで正確な分析を提供する必要があります。 このソリューションには、2つの課題への対処が必要になります:

    課題 1: 高帯域幅での集約

    課題2: 複数の100ギガビットのパケットスライス、タグ付け、およびVXLAN削除をラインレートで実行可能

    Cubroからの解決策

    パケットスライシング:パケットスライシングは、監視デバイスのコストを削減する唯一の方法です。フル帯域監視ソリューションは規模的に予算外になります。

    VXLANの削除:VXLANの削除機能は、ツールへの出力帯域を削減し、また、ほとんどの監視ツールは、VXLANカプセル化トラフィックを処理できません。

    VLANタギング:お客様が個々のリンクに基づいたレポートを必要としているため、識別のためVLANタギングが行われます。

    パケットスライシングの利点は、トラフィックの負荷が大幅に削減されることです。 使用率が80%で、平均パケットサイズが1000バイトで、1秒間に1200万パケットを転送できる一般的な100ギガビットリンクを考えてみましょう。 パケットを通常のネットワークモニタリングに十分な情報である100バイトでスライスすると、100ギガビットポートで1億1100万パケット、40ギガビットポートで4,400万パケットを転送できます。 これは、監視ツールの負荷と価格の効率を4~10倍増加させます。

    このソリューションの対応製品


    Newsletter

    日本語
    Contact technical expert