コンテンツへスキップ

プロトコル・ストリッピング

課題

多くの場合、ネットワークトラフィックを可視化するには、さまざまなレイヤ2プロトコルヘッダ(VLAN、MPLS、GRE、VXLAN、NVGRE、GENEVEなど)をネットワークトラフィックから削除してから、分析、監視、またはセキュリティツールに送信する必要があります。 この理由は、ほとんどのツールが、これらのプロトコル内にカプセル化されたトラフィックをデコードや解析ができないためです。

Cubroからの解決策

Cubroネットワークパケットブローカは、ネットワークトラフィックからプロトコルヘッダを除去する機能をサポートしています。  Packetmaster NPBは、トラフィックからVLANタグとMPLSラベルを除去する機能をサポートし、さらにGREトンネルの生成と終端の両方をサポートし、GREエンドポイントとして機能できます。PacketmasterとSessionmasterは、これらのプロトコルの他に、以下のカプセル化解除もサポートしています。

  • VXLAN
  • NVGRE
  • ERSPAN
  • VNTAG
  • GTP
  • PPPoe
  • Mac in Mac
  • MPLSoverUDP
  • MPLSoverGRE
  • Cisco Fabric Path
  • IPinIP

このソリューションの対応製品

Our newsletter provides thought leadership content about the industry. It is concise and has interesting content to keep you updated with what’s new at Cubro and in the industry. You can unsubscribe anytime with a single click.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.