プロトコル・ストリッピング

課題

多くの場合、ネットワークトラフィックを可視化するには、さまざまなレイヤ2プロトコルヘッダ(VLAN、MPLS、GRE、VXLAN、NVGRE、GENEVEなど)をネットワークトラフィックから削除してから、分析、監視、またはセキュリティツールに送信する必要があります。 この理由は、ほとんどのツールが、これらのプロトコル内にカプセル化されたトラフィックをデコードや解析ができないためです。

Cubroからの解決策

Cubroネットワークパケットブローカは、ネットワークトラフィックからプロトコルヘッダを除去する機能をサポートしています。  Packetmaster NPBは、トラフィックからVLANタグとMPLSラベルを除去する機能をサポートし、さらにGREトンネルの生成と終端の両方をサポートし、GREエンドポイントとして機能できます。PacketmasterとSessionmasterは、これらのプロトコルの他に、以下のカプセル化解除もサポートしています。

  • VXLAN
  • NVGRE
  • ERSPAN
  • VNTAG
  • GTP

このソリューションの対応製品


Newsletter

日本語
Contact technical expert