コンテンツへスキップ

1. 100Gラインレートでのパケットスライス

課題

データセンター事業者では、この動的な環境で完全な可視化を確保することは困難です。 既存の監視ツールは、ネットワークトラフィックの急激な増加に対処することができません。 現在の監視ツールのパフォーマンスを最大限に高め、コストを削減するにはどうすればよいでしょうか。

Cubroからの解決策

Cubroは、1ユニットあたり複数の100Gbitのトラフィックに対するCRC再計算によるパケットスライシングのオプションを提供します。 EXA32100は、すべての100Gbitインターフェイス上で同時にラインレートでパケットスライシングをサポートする業界唯一の100Gbitネットワークパケットブローカです。 パケットをスライスする長さは、64、128、192バイトの3つのオプションがあります。 この機能は任意の出力ポートで設定でき、デュアルスタックIPv4・IPv6をサポートします。

パケットからペイロードデータを取り除き、ヘッダ情報だけを残すことによって、ネットワークパケットブローカは監視ツールへより多くのデータを送ることができます。 監視ツールは、分析のための圧縮されたネットワークデータを受け取り、効率と利用率を高めることができます。 このような高パフォーマンスでのパケットスライシングの大きな利点は、モニタリングツールから最大のスループットを引き出すことです。 スライシング機能は、10分の1に負荷を軽減した場合、100Gbitのツールが1Tbitのトラフィックを処理できることを意味します。 もう1つの利点は、CPUではなくシリコンで行われることです。CPUベースのソリューションとは異なり、高速で確実であり、ジッタやパケットドロップを防ぐことができます。

パケットスライスのもう1つの利点は、規制への準拠です。 パスワード、金融口座、メディアデータなどの機密データをキャプチャの時点で削除することで、プライバシー侵害の可能性を減らします。

Examples

100G スライシング対応製品

Optical MTP TAP

Cubro's Sessionmaster EXA32100A

EXA32100A

Cubro's Omnia120, side view

Omnia120

Our newsletter provides thought leadership content about the industry. It is concise and has interesting content to keep you updated with what’s new at Cubro and in the industry. You can unsubscribe anytime with a single click.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.