Belongs to ... .

1. 100Gラインレートでのパケットスライス

課題

データセンター事業者では、この動的な環境で完全な可視化を確保することは困難です。 既存の監視ツールは、ネットワークトラフィックの急激な増加に対処することができません。 現在の監視ツールのパフォーマンスを最大限に高め、コストを削減するにはどうすればよいでしょうか。

Cubroからの解決策

Cubroは、1ユニットあたり複数の100Gbitのトラフィックに対するCRC再計算によるパケットスライシングのオプションを提供します。 EXA32100は、すべての100Gbitインターフェイス上で同時にラインレートでパケットスライシングをサポートする業界唯一の100Gbitネットワークパケットブローカです。 パケットをスライスする長さは、64128192バイトの3つのオプションがあります。 この機能は任意の出力ポートで設定でき、デュアルスタックIPv4IPv6をサポートします。

パケットからペイロードデータを取り除き、ヘッダ情報だけを残すことによって、ネットワークパケットブローカは監視ツールへより多くのデータを送ることができます。 監視ツールは、分析のための圧縮されたネットワークデータを受け取り、効率と利用率を高めることができます。 このような高パフォーマンスでのパケットスライシングの大きな利点は、モニタリングツールから最大のスループットを引き出すことです。 スライシング機能は、10分の1に負荷を軽減した場合、100Gbitのツールが1Tbitのトラフィックを処理できることを意味します。 もう1つの利点は、CPUではなくシリコンで行われることです。CPUベースのソリューションとは異なり、高速で確実であり、ジッタやパケットドロップを防ぐことができます。

パケットスライスのもう1つの利点は、規制への準拠です。 パスワード、金融口座、メディアデータなどの機密データをキャプチャの時点で削除することで、プライバシー侵害の可能性を減らします。


Newsletter

日本語
Contact technical expert