Belongs to ... .

EXA32100のGTPロードバランスを使用した監視拡張性によるコスト削減

課題

ガートナーのレポートによると、通信サービスプロバイダー(CSP)のネットワークインフラストラクチャは、新しいテクノロジーの採用により根本的な変革を遂げています。インフラストラクチャと運用のリーダーは、この変革を推進し、エンドユーザーへのコストとメリットを最適化するために、重要なライフサイクルの決定を下す必要があります。

今日の環境での課題は、膨大な量のデータの増加と既存のプローブのパフォーマンスの制限です。 Cubroのネットワークパフォーマンス監視および診断(NPMD)テクノロジーを導入してネットワーク需要を監視し、容量計画を管理することで、CSPはより優れた機能と高度な機能を活用できます。ただし、増加するネットワークトラフィックに対応するには、ネットワークアーキテクチャを全体的に検討し、性能を損なうことなく費用効果の高いバランスを取ることが重要です。

プローブが期待される出力を提供するには、モバイルデバイスがネットワーク上を移動している場合でも、データセッションは常に同じプローブ上にある必要があります。 CSPには、前例のないトラフィック負荷を管理するための2つのオプションがあります。 1つのオプションは、複数のプローブを使用してすべてのトラフィックをキャプチャすることです。これには莫大な費用がかかる可能性があります。より高価なソリューションであることに加えて、さまざまなユーザーからキャプチャされた情報を共有し、ユーザー機器からネットワークで転送されるすべてのデータの概要を取得するために、プローブを相互接続する必要もあります。 1つのプローブがデータセッションに関するすべてを知っている必要があります。特定の加入者とネットワークの使用用途を探っている場合、この加入者のすべてのセッションは、同じプローブ上にある必要があります。これには、異なる場所にある異なるプローブを相互に接続する必要があります。

もう1つの課題は、データセッションが通常「永久に」または非常に長い間開かれていることです。その結果、セッションがGTPプロトコルのTEIDによって処理される一般的なアプローチは、すべてのTEID情報を取得するのに長い時間がかかるため、あまり役に立ちません。これは、この情報のセッションが確立または更新されたときにのみ転送されるためです。

さらに、3番目の大きな問題は、LTEネットワークでは、S-GWとP-GWの間のS5 / S8インターフェイスは、これら2つのネットワーク要素が物理的デバイス上でであるため、通常はアクセスできないことです。 これは、S1Uインターフェイスのみを使用できることを意味します。 ただし、S1Uインターフェイスでは、ユーザーが別のタワーに移動するとTEIDが変更されるため、これを処理することはほぼ不可能です。 (図1を参照)

eNB間ハンドオーバーを追跡するには、完全なモビリティ管理トラフィック(MME)をリアルタイムで分析する必要があり、これには非常にコストがかかるため、これは複雑な問題です。

CUBROの解決策

Cubroのソリューションは、インナーユーザーIPに基づいてトラフィックの負荷を分散することです。 Cubro Sessionmaster EXA32100は、特定のセッションに属するすべてのメッセージが、プローブに転送される前に相互に関連付けられていることを保証します。 この機能はハードウェアで実行されるため、1つのユニットで複数の100ギガビットのトラフィックが処理可能です。 この費用対効果の高いソリューションは、トラフィックをプローブに送信する前にフルラインレートで負荷分散およびフィルタリングします。その結果、監視ツールの効率が向上します。 Cubroのソリューションを使用すると、組織はトラフィックの増加に応じて監視システムを拡張することでコストを削減し、監視プローブのパフォーマンスを向上させ、システムの過負荷を防ぐことで監視ツールの使用率を高めることができます。

このソリューションの製品


日本語
Contact technical expert