コンテンツへスキップ

ディープパケットインスペクション (DPI)

課題

大規模なネットワーク障害を引き起こす可能性のあるサイバー攻撃を検出して阻止することは、大きな課題です。 多くの組織では、ネットワークトラフィックを調査して監視するのが難しいと感じています。 セキュリティの大きな懸念事項は、サイバー攻撃者が悪意のあるペイロードを簡単に隠すことができるようになった事です。組織はパケットヘッダのみを調べる従来のパケット分析から改善を求められています。

CUBROの解決策

2つの主要なDPIアプリケーションがあり、Cubroデバイスはこれらの両方の機能を実行できます。

・DPIとトラフィックステアリングを備えたフィルター-SESSIONMASTER EXAは、パケットストリーム内のDPI機能を使用してパケットを識別し、出力ポート(元のパケット)へのルールに基づいてこの関連ストリームを転送できます。
・メタデータ抽出-XDR-CUBROプローブは、そのDPI機能を使用して、パケットストリームを調べ、パケットを識別し、メタデータを抽出して、次の処理ステップ(非オリジナルパケット)のためにサーバーに送信できます。

このソリューションの対応製品

Our newsletter provides thought leadership content about the industry. It is concise and has interesting content to keep you updated with what’s new at Cubro and in the industry. You can unsubscribe anytime with a single click.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.