Belongs to ... .

クロスコネクト

課題

高性能、ネットワークの信頼性、および低遅延を保証するために、どのデータセンターにもクロスコネクトが必要です。トラフィックは複数のエンドポイントから送信され、トラフィックを安全に転送するには、集中管理が必要です。

Cubroからの解決策

クロスコネクトは双方向です。 最初のインターフェイスで受信したパケットは2番目のインターフェイスから送信され、2番目のインターフェイスで受信したパケットは最初のインターフェイスから送信されます。

400 Gbitノンブロッキングバックボーンとの500 X 10 Gbitポートクロスコネクト

EX20400は1つのEX32100に4 x 100 Gbitで接続され、500ポートの10 Gbitクロスコネクトを構築します。

  • 接続はレイヤ2透過です。
  • 完全な制御と安全な転送を確実にするために、すべてのトラフィックはVXLANトンネルを介してシステム全体に転送されます。
  • 出力では、VXLANトンネルは終端されています。

100 Gbitポートクロスコネクト・フルメッシュ

  • このアプリケーションでは、6台のEX32100が、使用可能な162個の100 Gbitポート(ボックスあたり27個)のフルメッシュクロスコネクトに接続されています。
  • デバイス間の相互接続は、必要な帯域幅に応じて1つ、2つ、またはそれ以上のリンクを使用して実行できます。

100 Gbitポートとセントラルユニットとのクロスコネクト

  • このアプリケーションでは、6台のEX32100186個の100 Gbitポート(1台あたり31ポート)を持つ中央装置に接続されています。
  • ボックス間の相互接続は、必要な帯域幅に応じて1つ、2つ、またはそれ以上のリンクで接続できます。

クロスコネクト接続機能対応製品:


Newsletter

日本語
Contact technical expert