コンテンツへスキップ

クロスコネクト

課題

高性能、ネットワークの信頼性、および低遅延を保証するために、どのデータセンターにもクロスコネクトが必要です。トラフィックは複数のエンドポイントから送信され、トラフィックを安全に転送するには、集中管理が必要です。

Cubroからの解決策

クロスコネクトは双方向です。 最初のインターフェイスで受信したパケットは2番目のインターフェイスから送信され、2番目のインターフェイスで受信したパケットは最初のインターフェイスから送信されます。

400 Gbitノンブロッキングバックボーンとの500 X 10 Gbitポートクロスコネクト

  • 接続はレイヤ2透過です。
  • 完全な制御と安全な転送を確実にするために、すべてのトラフィックはVXLANトンネルを介してシステム全体に転送されます。
  • 出力では、VXLANトンネルは終端されています。

100 Gbitポートクロスコネクト・フルメッシュ

  • このアプリケーションでは、6台のEXA32100Aが、使用可能な162個の100 Gbitポート(ボックスあたり27個)のフルメッシュクロスコネクトに接続されています。
  • デバイス間の相互接続は、必要な帯域幅に応じて1つ、2つ、またはそれ以上のリンクを使用して実行できます

クロスコネクト接続機能対応製品:

Our newsletter provides thought leadership content about the industry. It is concise and has interesting content to keep you updated with what’s new at Cubro and in the industry. You can unsubscribe anytime with a single click.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.