あらゆる企業向けの性能と機能

Omniaシリーズは、Cubroのネットワーク可視化とモニタリングにおける経験を活かして、今までのソフトウェア機能スタックと組み合わせた目的別ハードウェアのラインナップとして開発されました。このアプローチにより、お客様は特定のニーズに合わせて選択し、機能、柔軟性を高めることができます。 既存のEXA8は、Omnia10としてOmniaラインナップに加わり、さらにより高いポート密度、ポート速度、およびパフォーマンスを特徴とするOmnia20およびOmnia120があります。各ハードウェアは、CubroのPacketmasterおよびSessionmaster機能スタックの機能を組み込むように設計されています。これらの機能は、各Cubroのネットワークパケットブローカおよび高度な次世代パケットブローカのラインから直接提供されます。 Omniaは、ユーザーが追加のアプリケーションを実行できるようにするフル機能のUbuntuLinuxオペレーティングシステムであるAppMaster機能スタックも導入しています。これらのアプリケーションは、CubroとAppMasterパートナーによって開発されたアプリケーション、Linuxオープンソースコミュニティのパッケージなど、多様なエコシステムから成っています。

Omnia機能スタックを探索する

AppMasterパートナーを探す

logo qxip - appmaster partner of cubro
logo ntop - appmaster partner of cubro

近日リリース ...

デプロイメント シナリオ

Omniaシリーズは、フル機能の高度なネットワークパケットブローカーとして利用できます。CubroのPacketMasterおよびSessionMaster機能スタックの機能を組み込んでいます。 このような機能には、集約、トラフィックレプリケーション、フィルタリング、ヘッダーストリッピング、アクティブトンネルターミネーション、ロードバランシング、重複排除などが含まれます。

Omnia 高度なネットワークパケットブローカ:

Omniaシリーズは、CubroのカスタムDPIエンジンからのプロトコル情報で強化されたNetFlowデータを生成できます。 暗号化されたネットワークトラフィックの量が増え続けると、トラフィックと使用されているプロトコルを識別するのにIPアドレスとポート番号では不十分になる状況が発生します。 CubroのDPIエンジンは、暗号化されている場合でも4000の異なるアプリケーションを識別でき、分析、ポリシー管理、セキュリティツールに貴重な情報を提供します。

Omnia Platform as Netflow/IPFIX/DPI Probe

Omnia 10/20は、タップされたリンクまたはSPANポートからディスクに直接トラフィックをキャプチャできます。 ローリングキャプチャダッシュボードを使用すると、ユーザーはキャプチャデータ履歴をナビゲートし、さまざまなフィルタと、選択したトラフィックに存在するIPアドレス、プロトコル、ポートなどのリアルタイムフィードバックを使用して、対象のトラフィックにドリルダウンできます。 PCAPファイルは、分析のために抽出およびダウンロードするか、WebベースのプロトコルアナライザーであるWebSharkを使用してデバイス上で直接開くことができます。

Omnia Aggregation & Capture Appliance

Omnia 10/20は、最大4つの銅線リンクのフェイルセーフタッピングをサポートします。 これらのリンクからのトラフィックは、監視およびセキュリティツールに出力するために10Gインターフェイスに集約できます。 または、1G銅線インターフェイスをSPANまたはミラーポートからのトラフィックフィードの入力として、またはタッピングとSPAN入力の組み合わせとして使用できます。 分析を容易にするために、入力ポートごとにVLANタグを付加して、トラフィックの入力ポートを識別することができます。

Omnia Aggregation & Capture Appliance

強化された可視性、セキュリティ、およびモニタリングパフォーマンス

課題

今日、組織のネットワークはすべてが機能する基盤となっています。 これは、ビジネスのすべてのセグメントを相互接続する重要な経路を提供し、組織がサービスを提供するコミュニティや個人と通信できるようにする導管を提供します。 これは、すべてのビジネスが依存するアプリケーションを維持するメカニズムであり、R&D、テスト、会計、マーケティング、販売、注文、履行など、企業に不可欠なあらゆるデータを転送する情報ハイウェイです。

影響

ネットワークとそれが提供するアプリケーションがますます複雑になっていることは間違いありません。この複雑さにより、今までにない規模の生産性と運用が可能になります。組織は、ネットワーク内での可視性と監視の必要性を長い間知っていました。可視化と監視は、これらのビジネス維持システムの最適な機能を保証できる唯一の実行可能なメカニズムです。また、組織がビジネスの流れを大幅に中断し、取り返しのつかない評判の低下を引き起こす可能性のある詐欺、悪用、セキュリティ違反、およびデータ損失の犠牲にならないようにするために必要な保護手段を有効にします。

これらのネットワークの複雑さが増すと、悪意のある攻撃者が足場を固め、検出されずに動作する潜在的な弱点と機会も生まれます。さらに、TLS 1.3など、Webトラフィックを保護し、ユーザーのプライバシーを保護するように設計されたテクノロジの進歩は、企業ネットワーク内で悪用される可能性があり、組織のセキュリティに問題のある状況を生み出します。攻撃者は暗号化されたプロトコルを利用して、コマンドアンドコントロールを監視システムから隠し、DLPシステムからのデータ漏えいを難読化することができます。

ソリューション

ネットワークの成長と複雑さの増大に伴う新しいリスクと、テクノロジーの進歩に対応するために、新しいセキュリティ製品や監視製品を継続的に追加して、検査、検出、監視、分析、警告、防止、実施、などの対処をします。コンプライアンスを維持し、悪意のある行為から保護することも必要です。組織はそのような貴重な役割を果たす製品を複数のラックにすぐに導入することができるかもしれませんが、これは予算や運用コストにも影響を与え、導入するにはラックスペース、電力、冷却などのより多くのサポートインフラストラクチャが必要になります。

Omnia製品は、低電力でラックスペースが効率的でありながら複数の機能を実行できるハードウェアアプライアンスを提供することでこれらの問題を軽減するように設計されています。また、運用コストを削減し、ラックスペースを節約することもできます。Omniaは2つの方法で課題を解決します。 1つ目は、非常に低電力でコンパクトなユニットから、19インチ1RUラックマウントまで拡張可能なハードウェアユニットの選択です。 2つ目は、さまざまなソフトウェアエコシステムから選択して、ユニットを特定のユースケースに合わせて選択できる機能です。これは、単純な集約TAPから、Netflowデータの生成、DPI分析、およびデバイス上でトラフィックの検査および分析するサードパーティアプリケーションなどの追加機能を備えた高度なネットワークパケットブローカにまで及びます。


Newsletter

日本語
Contact technical expert