Packetmaster EX6

初のハイブリッド ネットワークパケットブローカ

EX6-3 ネットワークパケットブローカは、10/100/1000カッパー及びファイバリンクの為に、高いポート密度、全ての機能セット、そして全てのPacketmasterラインと同様な直感的な管理GUIを提供します。

メディアの話題は100Gと400Gの展開に焦点を当てていますが、多くのユーザ拠点は単に10/100/1000リンクへの可視化とアクセスを必要とします。 魅力的な機能のセットを備えたEX6-3は、これらの環境で使用するための優れた選択肢です。

EX6-3 機能

  • トラフィック アグリゲーション+リプリケーション
  • L2 - L4 トラフィック フィルタリング
  • L2 - L4 ヘッダ編集
  • VLAN 追加/削除/変更
  • VXLAN,VNI,MPLSラベルベースのアドバンスド ロードバランス
  • VXLAN,VNI,MPLSラベルベースのアドバンスド ロードバランス
  • 各ポートのDPI アプリケーション識別
  • MPLS タグ削除
  • セッション維持ロードバランス
  • VXLAN / NVGRE / GRE トンネル終端
  • SFLOW
  • スナップショット パケットキャプチャ
  • WEBSHARKによるキャプチャ トラフィック解析
  • VXLAN ,VNIフィルタリング
  • Cubro packetmaster ex6-3 side view
  • Cubro packetmaster

ハイブリッドネットワークパケットブローカの定義

ハイブリッドネットワークパケットブローカは、一般的なネットワークスイッチとネットワークパケットブローカの機能を組み合わせたものです。 2つの組み合わせにより、トラフィックブロッキング(ファイアウォールと同様の機能)などのインライン監視アプリケーションが向上します。 ハイブリッドネットワークパケットブローカのもう1つの大きな利点は、スイッチとネットワークパケットブローカが1つのユニットにあり、これによりコストとスペースが節約されるため、コストです。 さらに、物理的なTAPの必要もないため、コストも削減されます。

EX6-3は、カッパーベースのツールからファイバベースのネットワーク基盤へのアクセスが必要な混合メディア環境、およびその逆の組み合わせに優れています。 48のSFPインターフェイスは、タップを使用したネットワークリンクだけでなく、すべてのカッパーおよびファイバベースのツールに十分な接続性を提供します。

EX6-3は4 x 10G SFP +インターフェースも提供します。 きめ細かいフィルタリング機能とセッション対応のロードバランシングをサポートする機能により、ネットワークが10Gの速度に移行したネットワークでも、より低速のツールを適切に使用できます。

EX6-3は、100BaseSXや100Base-LXなどの従来のファイバ規格トラフィックを処理する必要がある場合に使用できます。 EX6-3は、ファイバとメタルの間、および10/100/1000リンクと10Gの間のギャップを埋めるのに役立つ優れたオプションです。

EX6-3 仕様

  • 4 X 1/10G SFP+ ポート
  • 48 X 10/100/1000 SFPポート
  • 1 X 10/100/1000 管理インターフェイス
  • 1 X シリアル コンソール インターフェイス
  • 2重化冗長電源 (DC オプション可)

Newsletter

日本語
Contact technical expert