Products Network Packet Brokers

ネットワークパケットブローカ(NPB)は、監視ツールやセキュリティアプライアンスがその役割を実行するための、許容範囲内に必要なトラフィックを送信する、ネットワーク可視化ソリューションとして重要なコンポーネントです。 ネットワークパケットブローカはスイッチのように見えますが、それらとは用途がまったく異なります。 これらの製品の名前にある「ブローカ」という言葉は、その主な目的とその機能を意味しています。 NPBは、受信したトラフィックを接続された監視ツールやセキュリティツールに効果的に仲介(ブローカ)します。 これには、トラフィックの集約、トラフィックの複製、フィルタリング、負荷分散、ヘッダ編集などの機能が組み込まれています。 また、ライブトラフィックに悪影響を与えないことにも焦点を当てているため、特に設定しない限り、ネットワークトラフィックはNPBを通過するときにアドレス情報などを変更しません。

ネットワークパケットブローカは、1つのツールにのみトラフィックを送信したり、同じトラフィックを多くのツールにコピーしたりできます(TAPからのトラフィックなど)。 NPBは、1つ以上のツールへの出力のために、多くのデータを集約し送信することもできます(これらのツールがネットワークの全体像を確実に把握するために必要です)。 NPBは、ツールに最適に分配できるようにトラフィックをグルーピングすることもできます。 フィルタリングルールは、それぞれのツールにそれぞれ必要なトラフィックの不要な情報を外し、または削除して、帯域幅削減し、ツールの処理負荷を減らします。 監視ツールやセキュリティアプライアンスのほとんどはカプセル化されたトラフィックを処理できないため、ネットワークパケットブローカはパケットからトンネルヘッダーを除去してツールが処理できるようにします。 NPBは、監視ツールとセキュリティアプライアンスがネットワークトラフィックの広範囲な視野と、最高の効率で動作できることを保証する仲介者です。

{{ $t('Find the device that fits your network') }}:

{{ $t('Filtering Features') }}
{{ $t('Termination (De-Encapsulation) Features') }}
{{ $t('Miscellaneous Features') }}
{{ $t('Port Requirements') }}

日本語
Contact technical expert