環境維持への取組

環境維持への取組

データセンター業界は、世界の電力消費の 3% を占めています。 調査によると、データセンターは世界全体の温室効果ガス (GHG) 排出量の約 2% を占めています。 データセンターによるエネルギー使用量は、今後数年間で増加すると予想され、2030 年までに世界の電力供給の 10% 以上を超える可能性があります。

そのため、他の企業やコミュニティと同様に、データセンターには環境への影響を減らすことにコミットする義務があります。 Cubro の製品はデータセンター インフラストラクチャのコンポーネントであるため、環境フットプリントを最小限に抑えることに取り組んでいます。 テクノロジー セクターの一員として、電力消費の削減や、持続可能性への取り組みを改善するための短期および長期計画の策定など、環境的に持続可能なビジネス慣行を順守することが私たちの義務であると考えています。

私たちは、オーストリアを拠点とする企業としての伝統を非常に誇りに思っています。 オーストリアは、1872 年にウィーンに最初の天然資源生命科学大学を設立した 19 世紀以来、自然環境の保全と持続可能性のパイオニアであり続けています。オーストリアは、長年にわたり、上下水道管理、廃棄物管理、環境効率の高い建設等、クリーン エネルギー技術の世界的リーダーです。 オーストリアにルーツを持つ企業として、私たちは社会的責任を果たすことを決意しています。 これを達成するための最初のステップとして、私たちは企業文化を変革し、環境への影響を減らすために持続可能なビジネス慣行を実施しています。

当社は ISO 14001:2015 認証を取得しており、戦略的事業計画と日常業務の両方に効果的な環境管理システムを組み込んでいることが確認されています。

Cubroのグリーンイニシアチブ