Products Visibility Node

Cubro Visibility Nodeは、Cubro Visibility Controllerと対話し、最新のオーバーレイネットワークの動的なパケット処理をサポートする、ネットワークパケットブローカーを超えるソリューションです。Visibility Controllerは、CVNのメタデータとネットワークインフラストラクチャの構成情報を関連付けます。以前のネットワークはデバイスごとに構成されていました(デバイスモデル)。 現在のネットワークはソフトウェアツールによって構成され、サービスを提供しています(サービスモデル)

現在のデータセンターではオーバーレイネットワークが標準となっています。 現在と過去の唯一の差別化要因は、数千以上のエンドポイントを持つデータセンター毎が数百または数千のオーバーレイネットワークで接続されている事です。 また、オーバーレイネットワークは以前よりも動的であるため、可視化ツールを手動で構成することはできなくなりました。

特長

Highlights

  • ダイナミック可視化サービス・ステアリング
  • ダイナミック・ロードバランシング
  • ダイナミック・パケット編集
  • サービスとアプリケーションの自動追従
  • 完全自動化プロビジョニング

可視化の自動化を行う理由

  • 何百または何千ものデバイスが今日のネットワークで使用されている
  • 複数のレイヤーネットワーク(オーバーレイネットワークモデル)
  • ネットワーク管理のサービスモデルが適用できなくなる
  • 同じトラフィックに対する複数の監視サービス
  • じアンダーレイネットワーク内のさまざまなサービス

Cubro コントローラ

Cubroコントローラーには2つの主な機能があります。

1) CVNデバイスの構成

2) ネットワーク全体からネットワークステータスの取得

Cubro コントローラはリアルタイムにマッピングテーブルを構築します。これにより、サービスを自動的に追跡し、選択したサービスを関連ツールに転送できます。


Newsletter

日本語
Contact technical expert