TAP

特長

  • キャリアグレード設計
  • 完全に透過でパッシブ
  • 10Mから100Gをサポート
  • さまざまな分割比でのシングルモードまたはマルチモード
  • 色分けされたコネクタ
  • LCおよびMTPコネクタのオプション
  • これまでにないポート密度
  • BiDiオプションが利用可能

Download Data Sheets

Cubroの光TAPは、モニタリング目的で恒久的で完全に受動的な接続を維持し、潜在的な障害点の発生や他のネットワーク接続の妨害を避けます。 Cubroパッシブ光TAPは、ネットワークに影響を与えずに全二重モニタリングを提供します。

これらのTAPは、SDH / SONET / OTNや最大100 Gbitまでのイーサネットなどの高速光ネットワークのインサービスモニタリングを実行するためのシンプルで強力な方法を提供します。 当社の光TAPは完全に透過で、100%のスループットを提供します。したがって、Cubro 光TAPはビットレートに関係なく、あらゆる光ネットワークアプリケーションに使用できます。

STM-64、STM-256、10GイーサネットまたはOTN信号のモニタリングであれば、CubroのTAPは正しい選択です。 ネットワークリンクは、マルチモード(850 / 1300nm)またはシングルモード(1310 / 1550nm)に対応しています。 TAPは、長距離用途だけでなく短距離用途にも使用できます。

Cubro TAPはさまざまな形状、構成、および分割比で利用可能であり、顧客が個々の要件に対して必要とする柔軟性を提供します。 高いポート密度を必要とする用途では、当社のOptoslim TAPシリーズは、薄くて積み重ね可能な1 / 3RUフォームファクタで業界最先端のポート密度を提供します。 シングルおよび2リンクTAPは、オプションのラックマウントアクセサリを使用して小規模の用途に使用できます。

Cubro TAPは、ライブリンクとモニタポートにLCまたはMTPコネクタがあり、ライブリンクにLCと出力にMTPがあるモデルもあります。 また、TX信号とRX信号が同じファイバで伝送される双方向ネットワークリンク用の光BiDi TAPも提供しています。

使用可能な光パワーバジェットに応じて、SM TAPのスプリット比は50/50から90/10の間を10%刻みで利用できます。標準モデルでは80/20のスプリットになります。 MM TAPは、50/50または70/30の分割比率で提供されます。 TAPの内部で使用されるすべてのスプリッタは慎重に取り扱われ、TAPが顧客に出荷される前に挿入損失が測定されます。


Newsletter

日本語
Contact technical expert