メタルTAP

カッパーTAP

特長

  • キャリアグレード設計
  • 実トラフィックのドロップを最小限にした、最速の切替時間
  • 10/100/1000モデルと10/100モデル
  • 10/100/1000 SFP 出力
  • PoE パススルー
  • PoE 給電(オプション)
  • Carrier Grade Design
  • Fastest switchover time, depending on the PHYs in the tapped nodes, our TAP can switch
  • w/o to drop the link
  • 10/100/1000 and 10/100 models
  • SFP output on 10/100/1000
  • PoE pass through
  • PoE powered (optional)

Download Data Sheets

Cubroは、10/100/1000および10/100モデルのパッシブなカッパーTAPを提供しています。 高度なCubro 10/100/1000カッパーネットワークTAPは、最新のPHYチップをベースに開発したまったく新しい製品です。 これらのメタルネットワークTAPは出力ポートがSFPであるため、コンバータTAPとしても機能できます。そのため、ユーザはSFPを変更して目的のメディアを選択できます。 また、PoE供給およびPoE配電付加も利用可能です。

FlexTAPs

特長

  • 実トラフィックのドロップを最小限にした、最速の切替時間
  • 高密度-21リンク3Uラックシャーシ
  • 高コストパフォーマンス
  • フレキシブルな電源(230 V AC または 48 DC)
  • 省電力設計(グリーンデータセンタ対応)

Download Data Sheets

FlexTAPの主な利点は簡単な拡張とインストールです。 21台のシングルリンクTAPが設置されている状況を考えてください。 通常の場合、42本の電源コードが必要になり、混乱を招く可能性があります。 別のTAPを備えた他のソリューションと比較して、このFlexTAPには最大21リンクのTAPでも2つの電源コネクタしかありません。

The flexible and easy-to-install solution consists of 4 parts:

  • フレキシブルで簡単にインストール可能
  • 10/100/1000 TAP ブレード
  • 19インチ3Uシャーシ
  • 電源モジュール (230 V AC または 48 DC)
  • ファンモジュール

コンバータTAP

特長

  • キャリアグレード設計
  • 1G / 10G
  • SFP / SFP+ 出力
  • Carrier Grade Design
  • 1G or 10G
  • SFP or SFP+ output

Download Data Sheets

Cubro コンバータTAPは、光ギガビットイーサネットリンクからのトラフィックをSFP出力に変換します。 ネットワークへのパッシブ接続により、1000-Tモニタリングポートを介したトラフィックへの完全なアクセスを可能にしながら、光ネットワークリンクのトラフィックに影響を与えません。 Cubroは、受信トラフィックを追加の出力ポートに変換する、費用対効果に優れた柔軟な小型デバイスを提供します。

Cubro コンバータTAPSFPまたはSFP +モジュールを使用しているため、ユーザは最大限の柔軟性を得ることができます。 他のポートに影響なく、運用中にSFPを変更または追加することができます(ホットスワップ)。 さらに、ベンダー固有ではないSFPSMMMCOPPERCWDM、および/またはBIDI)を任意の組み合わせで使用することができます。

入力ポートから出力ポートへのパスは障害に対して透過的です。 入力ポートのリンクがダウンすると、出力ポートは少し遅れてダウンします。 入力ポートから出力ポートへのパスは、レイヤ17の全て透過です。 入力ポートにエラーがあると、すべての出力ポートにコピーされます。

アグリゲーションTAP

Highlights

  • 小切替時間
  • 高ポート密度
  • レイヤ4までのトラフィックフィルタ
  • 10/100/1000 ライブリンク
  • SFP出力及びSFP+(10G)オプション出力

Download Data Sheets

EXアグリゲータは、高いポート密度、多彩な動作モード、柔軟な拡張性、および容易な管理とメンテナンスを特徴とするネットワークデータパケット用のインテリジェントTAPです。 さまざまなネットワーク環境への優れた適応性により、IDS、ネットワークプロトコルアナライザ、およびシグナリングアナライザ用の電気通信データを必要に応じてリアルタイムで提供できます。 ギガビットカッパーインタフェイスは、データセンターから企業ネットワークまで、さまざまな場所で依然として一般的に使用されています。

ギガビットカッパーリンクはタップするのが非常に複雑です。 これらのリンクの設計上、受動的にタップすることはこれまで不可能でした。 TAPで停電が発生した場合、ライブリンクは常に中断されます。 この中断時間はネットワークにとって最も深刻です。 パケットを失うことは最大の問題ではありません、しかし、リンクの停止ステータスはネットワークの保護メカニズムをアクティブにし、大規模なネットワーク問題を引き起こす可能性があります。


Newsletter

日本語
Contact technical expert