Products Cloud Switch

Cubro Cloud SwitchCCS)は、L4 NPBから可視化機能を含むアクティブなネットワークデバイスへの革新的な最新製品です。

CCSは、レイヤー2から7でスイッチング機能を提供し、同時に可視性を提供します。 これは、パケット転送がハードウェアで行われるため可能になります。 スイッチインフラストラクチャは、マイクロサービスが実行されている場所を認識しており、関連するトラフィックをコピーしてからスイッチインフラストラクチャを通して(仮想/物理)プローブシステムに送信できます。

このソリューションは、マイクロサービスが移動またはスケールアウトした場合でも、アプリケーションIDを使用して、データセンター内のアプリケーションを追跡可能にします。

特長

Highlights

  • インバウンド・ダイナミック可視化サービス・ステアリング
  • クラウド集中監視
  • ブリーシング・アプリケーションのサポート
  • ハードウェアによる可視化(サーバによるパフォーマンスの低下が無い)
  • アプリケーションID(マイクロサービス)レベルに基づく可視化
  • サーバ上でのソフトウェアの変更不要
  • 完全にソフトウェア依存がない

課題

大規模なネットワーク環境では、冗長性の理由から、各サービスが個別のサーバー/ラック/データセンターで実行されている状態で、数千のマイクロサービスを監視する必要があります。 最悪の場合、「アプリケーション」は世界中の複数のデータセンターで実行されている可能性があります。 アプリケーションはデータセンター内を動的に移動できるため、さらに困難になります。 その結果、従来のタッピングはもうできません!

解決策

オプション1: ハイパーバイザー上の仮想TAP

  • サードパーティソフトウェアは、各ハイパーバイザーにインストールする必要
  • ハイパーバイザーでのパフォーマンスの低下
  • アプリケーションは異なるハイパーバイザーで実行できるため、各ハイパーバイザーバージョンで仮想タップを使用する必要がある
  • セキュリティ上の問題:仮想TAPが完全なスイッチを監視し、特定のマイクロサービスのみを監視するわけではないため
  • アプリケーションが動作しているときの非常に高いメンテナンス労力

これは、次のような多くの問題がある古典的なアプローチです。

  • 帯域
  • ダイナミック・ブリーシング
  • コスト
  • 複雑なコンフィグレーション

オプション2: ネットワークインフラストラクチャ上層での可視化

  • 帯域
  • アプリケーションID(マイクロサービス)レベルに基づく可視化
  • サーバ上のソフトウェアの変更不要
  • 完全にソフトウェア依存がない

これは、Cubro Cloud Switchソリューションで実行可能です。


Newsletter

日本語
Contact technical expert